債権回収をするには

友人や知人にお金を貸したが返してくれない、飲食店でツケにしてあった料金を客が払わないなど、お金や物に対してのトラブルに見舞われてしまった時、多くの人がまずは自力でどうにか回収できるよう努力するかと思います。お金を貸した人は、借りた人に対して貸したお金を返してもらう権利を主張できます。しかしながら、適切な方法で対処しないとその主張をすることもできなくなってしまうケースもあります。

債権回収をする手段は段階によって様々な方法があります。まず手っ取り早い方法としては、電話や訪問などで直接相手に請求する方法です。しかし、直接頼み込んで返してくれるような相手であれば苦労はしませんし、相手にもすぐに返すことができない事情がある可能性もあります。次に、内容証明郵便を送る方法があります。こちらは個人で出す方法と、弁護士に依頼して作成してもらう方法がありますが、より効力が強いのは弁護士の名前で送付したものになります。弁護士の名前が入ることで、裁判になるかもしれないというプレッシャーを相手にかけることができます。

法的措置に訴える手段としては、少額訴訟や民事調停など様々な方法もあります。時間やかかる経費の他に、お金を貸した相手との関係などを考えて債権回収は慎重に行う必要があります。

You Might Also Like