弁護士を頼る利点

債権回収を弁護士に依頼するメリットとして、回収にかかる手間や精神的な負担を軽くすることが挙げられます。恐らく、弁護士に相談しようかと悩むまでには自分でどうにかお金を返してもらうよう相手に様々なアプローチを行ってきたかと思います。しかし、逃げられたり無視されたりする、反対に脅されるなど精神的な負荷がどうしてもつきまとってしまいます。そこに弁護士というクッションを挟むことで、債権者の負担が軽減されるメリットが生まれます。

また、自力で解決しようとしても適切な手段がわからないといった場合に、弁護士を頼ればその事案に応じて様々な対処法を提案してもらえます。これにより、解決もよりスピーディーになります。

本人同士の話し合いでは、相手が知り合いであれば気の緩みが出たりいい加減な態度で済ませられることもありますが、弁護士を頼ることにより、相手に自分の真剣さを伝えることが可能です。内容証明郵便を出す場合も、自分の名前で出すよりも弁護士名義で出してもらった方が法的手段に訴えるという本気度が伝わり、相手が受けるプレッシャーも強くなります。

一方で、デメリットとしては費用がかかるという点が一番大きいです。慎重に検討し、無料相談などを行っているところもあるため、どういった手段を取るのが効果的か一度相談してみるのも良いでしょう。

You Might Also Like