弁護士を頼る利点

債権回収を弁護士に依頼するメリットとして、回収にかかる手間や精神的な負担を軽くすることが挙げられます。恐らく、弁護士に相談しようかと悩むまでには自分でどうにかお金を返してもらうよう相手に様々なアプローチを行ってきたかと思います。しかし、逃げられたり無視されたりする、反対に脅されるなど精神的な負荷がどうしてもつきまとってしまいます。そこに弁護士というクッションを挟むことで、債権者の負担が軽減されるメリットが生まれます。

また、自力で解決しようとしても適切な手段がわからないといった場合に、弁護士を頼ればその事案に応じて様々な対処法を提案してもらえます。これにより、解決もよりスピーディーになります。

本人同士の話し合いでは、相手が知り合いであれば気の緩みが出たりいい加減な態度で済ませられることもありますが、弁護士を頼ることにより、相手に自分の真剣さを伝えることが可能です。内容証明郵便を出す場合も、自分の名前で出すよりも弁護士名義で出してもらった方が法的手段に訴えるという本気度が伝わり、相手が受けるプレッシャーも強くなります。

一方で、デメリットとしては費用がかかるという点が一番大きいです。慎重に検討し、無料相談などを行っているところもあるため、どういった手段を取るのが効果的か一度相談してみるのも良いでしょう。

弁護士を頼むには?

債権回収をしようと思っても、どうしても自分だけの力では上手くいかない時に、弁護士を頼ろうと考える人もいるでしょう。弁護士を探そうと思った際、もし身近な人に債権回収で弁護士を頼んだことがある人がいれば、その人に話を聞くのが一番良い方法だと思います。実際の体験談を聞くことで、注意すべき点や債権回収の流れなどについて知ることができます。弁護士の実績や人柄なども把握することができるので、その弁護士にお願いしたいと思うなら、依頼をしてみるのも良いでしょう。

しかし、なかなか弁護士を紹介してくれるような人が近くにいない場合はインターネットなどで探すしかありません。弁護士事務所のホームページはたくさんあるので、その中から債権回収の実績があるところや、具体的な事例を挙げているところなどを中心に検討していきましょう。

最初は事務所を訪れて相談から始まります。債権回収に至るまでの経緯やお金のやり取りをした相手の経済状況などを確認します。この際に、何か証拠になるものの提示が求められるため、契約書などを書いてもらっている場合は持参しましょう。正式な書類を書いてもらっていない場合でも、もしメールのやり取りが残っていたり、振り込みの記録があればそれを証拠にできる可能性もあります。自分で判断が付かない場合は持ち込んでみて弁護士の意見を伺いましょう。

債権回収をするには

友人や知人にお金を貸したが返してくれない、飲食店でツケにしてあった料金を客が払わないなど、お金や物に対してのトラブルに見舞われてしまった時、多くの人がまずは自力でどうにか回収できるよう努力するかと思います。お金を貸した人は、借りた人に対して貸したお金を返してもらう権利を主張できます。しかしながら、適切な方法で対処しないとその主張をすることもできなくなってしまうケースもあります。

債権回収をする手段は段階によって様々な方法があります。まず手っ取り早い方法としては、電話や訪問などで直接相手に請求する方法です。しかし、直接頼み込んで返してくれるような相手であれば苦労はしませんし、相手にもすぐに返すことができない事情がある可能性もあります。次に、内容証明郵便を送る方法があります。こちらは個人で出す方法と、弁護士に依頼して作成してもらう方法がありますが、より効力が強いのは弁護士の名前で送付したものになります。弁護士の名前が入ることで、裁判になるかもしれないというプレッシャーを相手にかけることができます。

法的措置に訴える手段としては、少額訴訟や民事調停など様々な方法もあります。時間やかかる経費の他に、お金を貸した相手との関係などを考えて債権回収は慎重に行う必要があります。

債権回収で悩んだら

貸したお金が返ってこないなど、お金の貸し借りの問題はできれば遭遇したくありませんが、もしそのようなトラブルに遭ってしまった場合、自力で解決する、人に頼る、諦めるといった方法があります。

貸したお金も元はと言えば自分のお金です。できれば諦めるという選択肢を取りたくはないものです。しかし、自分で解決できる問題ならば良いですが、中には相手が逃げ回ったり音信不通になってしまうケースもあるため、金額が大きいとかなりのダメージを負うことになります。法的措置を取ろうと思っても、それなりの知識が必要になってくるため、それだけで時間や気力を消費しかねません。また、時間が経過するほど返済できる可能性は低くなってしまうため、早期解決がポイントになります。

こういった問題で人を頼る場合、最も頼もしい存在が弁護士でしょう。弁護士を依頼するには費用がかかるという面もありますが、相手にはどういったアプローチが効果的か専門家によるアドバイスを受けることができ、自分で回収しようとするより労力や手間も省くことが可能です。今まで自力で努力してはみたものの、これ以上は困難だという場合には弁護士に今後の対応について相談したり、依頼をかけるといった方法もあります。

このサイトでは、債権回収を行う際に弁護士をどのようにして頼むか、また弁護士に依頼することによって得られるメリットについて紹介します。債権回収について悩んでいるという人は参考にしてみてください。